ココロもカラダにも世界一優しい医院を目指して。よつばウィメンズクリニック

香川県高松市のよつばウィメンズクリニックでは出産、不妊、不育、婦人科疾患など女性のトータルライフをサポートします。

診療のご案内

クリニックの特徴

周産期医療について

妊娠が確認されたその日から無事出産を迎えるまでには、非常に長い道のりがあります。
刻々と身体も変化し、それと同時に心にもいろいろな変化が起こります。
そんな時、常に妊産婦さんに寄り添い、お手伝いできるクリニックを目指したいと思います。
ささいな疑問点でも気軽にご相談いただけるような医療を提供できればと思います。

外来診療においては、電子カルテの運用によりスムーズな診療の流れを目指します。
また、最新の機器を導入し、4D エコー(お腹の中での赤ちゃんの立体画像の動画) も撮影可能です。

分娩・入院生活においてのコンセプトは「安全性と快適性の両立」です。
真心こめて細心の注意と気配りを行い、清潔で、楽しくて、愛に満ちたもうひとつのわが家をめざしていきます。

無事出産を終えられたお母さん方には様々なサービス、アメニティをご提供し、
これから始まる子育て生活の第一歩を快適に過ごしていただけるよう支援いたします。

産科診療の流れ

生理が遅れている、軽い吐き気など体調が変化している、妊娠検査薬で陽性と出た。このように妊娠したと思われましたら是非早いうちに産婦人科へご来院ください。
初診(初めての診察)では、問診、尿検査を行った上で内診と超音波で子宮の中に無事妊娠されているかチェックさせて頂きます。

心拍の確認
子宮内に無事胎嚢(赤ちゃんの袋)が見えたら次は心拍の確認です。
胎嚢確認から約2週間前後で産婦人科を受診して頂きます(勿論、ご心配でしたら、もっと短い間隔でも構いません)。超音波検査にて心拍の確認を致します。
予定日の決定
妊娠9~10週前後で予定日を決定します。最終月経を覚えていない方や月経周期が不規則な方、排卵日が通常より早い(または遅い)方などはこの時点で予定日の修正を行います。(具体的には赤ちゃんの頭からお尻までの長さを測ります)
予定日を決まりましたら、妊娠届けを出させていただきます。お住まいの地区の役所もしくはその出張所に行って頂き母子手帳を受け取ってきてもらいます。
妊娠健診
さあ、いよいよ妊婦検診が始まります。お腹の周りを測ったり、血圧を測ったり、尿の検査をしたり、超音波検査をしたり・・・と色々な事をしていきます。
妊婦健診を行う目的は、正常な妊娠の経過を確認する・ハイリスク妊娠の早期発見・妊娠中に発症する合併症などの予防・胎児異常の有無の診断・分娩の方法の決定・マイナートラブルなどのちょっとした問題への対応・保健指導などです。
4Dエコー
当院では4D超音波断層装置を導入しております。高精細なリアルタイムの3 次元動画像(4D画像)を手軽に描出できるため、胎児の目の輪郭や鼻の突起、足の形など細部に至る全身の様子に加えて、指先や口などの動きをその場で滑らかな動画像で閲覧できます。(胎児の顔の向き、胎盤の位置、羊水量、胎児の激しい動きなどにより、きれいに見えない場合もあります。)ご希望の方は、動画の記録も可能です。2GB以上のUSBメモリをご持参ください。

産科 検査項目およに概要

貧血検査
母体の血液は胎児に酸素や栄養を送っています。貧血があると胎児の発育が悪くなります。分娩時の出血も多くなります
梅毒検査
妊婦が梅毒にかかりますと流産や死産が多くなり胎児に感染に先天梅毒となります。 妊娠中の治療で予防できます。
HBs抗原
B型肝炎ウイルスの感染を知る検査で母体が感染していると、分娩時に赤ちゃんに感染することがあります。赤ちゃんに感染予防いたします。
血液型
Rh式血液型が(-)ですと第二子以降の赤ちゃんに溶血性疾患が発症し、胎児死亡や生まれた赤ちゃんが重症黄疸になることもあります。第一子分娩後に予防する注射を打って予防することもできます。
HIV抗体
エイズウイルスに母体がかかっていると赤ちゃんに感染する可能性があります。また、他の産婦にも感染する危険がありますので検査が必要です。
HCV抗体
C型肝炎ウイルスの感染を知る検査です。
ATLA
沖縄・九州地方に多く、主に母乳を介して赤ちゃんに感染し、白血病を発症するものですが、発症率は1,000~2,000人に2人と言われています。
子宮膣部細胞診
子宮頚癌検診です。
風疹抗体価
妊娠初期に風疹にかかると胎児奇形の危険があります。
抗体のない方は非妊時にワクチン注射をしてください。
B郡溶連菌検査
膣内に常在菌としていますと分娩時に赤ちゃんに感染して肺炎、敗血症、髄膜炎をおこすことがあります。分娩時に予防いたします。
クラミジア検査
産道内にクラミジアがいると赤ちゃんに感染して結膜炎や肺炎を発症することがあります。分娩前の治療により予防できます。

分娩の流れ

自然分娩(経膣分娩)の流れです。大まかな流れを知っておくと安心です。

分娩第1期(開口期):陣痛開始より子宮口が完全に開くまでの時期

子宮口の開大 陣痛の感じ方
準備期
(0~3cm)
腹部全体に収縮を感じます。生理痛のような痛みです。
進行期
(4~7cm)
下腹部に集中して収縮を感じます。
極期
(8~10cm)
収縮のピーク時には下腹部痛や腰痛を強く感じることがあります。
産婦の過ごし方
破水してなければシャワーや入浴してもよいでしょう、リラックスに努めましょう、間歇時にはできるだけ身体を休めましょう、消化の良いものを適度に食べましょう、好きな音楽を聴いても良いです、いきみを逃す呼吸法をしましょう
家族ができること
入院に必要な荷物をそろえる、産婦のそばにいる・またはそっとひとりにする、食事や水分の準備、腰や背中をさする・おす

分娩第2期(娩出期):子宮口が完全に開いてから赤ちゃんが生まれるまでの時期

子宮口の開大 陣痛の感じ方
全開大(10cm) 強いいきみ感がある
産婦の過ごし方
いきんだあとは深呼吸して赤ちゃんに酸素をあげましょう、合図があれば、力を抜いて短息呼吸をしましょう
家族ができること
いきみやすい姿勢を助ける、いきみのタイミングやリラックスの声掛け、水やお茶を飲ませる、手を握る・抱きしめる、汗を拭く

分娩第2期(娩出期):子宮口が完全に開いてから赤ちゃんが生まれるまでの時期

産婦の過ごし方
赤ちゃんの状態が良ければ 抱っこしたり おっぱいを吸わせたり ご家族で写真を撮ったりすることができます、分娩後1~2時間は出血しやすいので注意しましょう

BSS(バースサポートシステム)導入

bss
BSSを動画でご紹介
albatrus
アルバトロスを動画でご紹介

アルバトロス導入の上、自然分娩を主体とし、リラックスしてお産に臨めます。

産婦さんのリラックス効果が期待できる最新システム「バースサポートシステム」を導入しております。

BSS(バースサポートシステム)とは
陣痛発作時、間欠時、誕生時、産後の休息時などに、より高いリラクゼーション効果が得られるよう研究された、「音楽」「呼吸法」「照明」「映像」が、分娩監視装置と連動し、スムーズなお産を支援します。

アルバトロスとは
色彩心理を考慮した照明や心をほぐす音楽などをふんだんに取り入れた分娩環境は、作り手の想像を超え、妊婦さんに幸せに満ちた驚きを運んでくることになるでしょう。西日本初の導入となります。

LDR を完備

陣痛→分娩→産後を、移動する事なく同じ部屋で

アルバトロスの導入された部屋
LDRの導入された部屋

分娩は、自宅の寝室のような家庭的な雰囲気の中で過ごすことが可能であるLDRを2室準備しています。
LDR とは、Labor 陣痛、Delivery 分娩、Recovery 産後の回復 を意味し、陣痛から、分娩、産後の回復までを同じ部屋で過ごすことが可能なお部屋です。

陣痛室から分娩室への移動がなく、分娩時にはベッドが分娩台に早変わりします。
その後再びベッドになり、産後の回復期もそれに続く入院生活も送ることができます。
さらに、当院ではより分娩時の快適性を追求し、LDR1にBSSを、LDR2にアルバトロスを導入致しました。

このページのトップへ