女性の皆様がより充実した人生を送るためのサポートを目指すクリニックです。

お問い合わせ・ご予約はこちら 087-885-4103 香川県高松市円座町375番1

[再診の方専用]インターネット予約

不妊治療INFERTILITY TREATMENT

特定不妊治療費助成事業

香川県,高松市では、平成16年度から不妊治療を行う夫婦の経済的負担の軽減を図るため、不妊治療のうち、体外受精及び顕微授精(特定不妊治療といいます。)を対象として、治療費の一部を助成する事業を実施しています。

助成対象者
  1. 県内(高松市を除く)に住所があること。
  2. 法律上の夫婦であること。
  3. 年齢が43歳未満であること。(40歳未満の方は通算6回、43歳未満の方は通算3回までとなります。)
  4. 特定不妊治療以外の治療方法では、妊娠の見込みがないか、又は極めて少ないと医師が診断していること。
  5. 前年の夫婦の所得(年間収入金額から必要経費(給与所得控除額)等を控除した額)の合計額が730万円未満であること。

※国の制度改正に伴い、平成26年4月1日から次のとおり変更されました。

助成の額

助成額の上限は1回当たりの治療に関して15万円で、助成総額は150万円までは回数制限がありません。
1 回あたりの上限額
①治療区分A・B・D・E:15万円 ②治療区分C・F:7万5千円(通算2回まで5万円の上乗せが可能です。)

区分 内容
国制度による1回当たりの助成額 原則 ①治療区分A、B、D、Eは15万円、C、Fは7万5千円まで助成
加算 ②初回の治療に限り、①と合わせ30万円まで助成(C、Fを除く)
③男性不妊治療(※)について①、②のほか15万円まで助成(Cを除く)
県上乗せ助成 通算2回に限り、上記の国制度による助成額に5万円まで上乗せ
通算助成回数 初めて助成を受ける際の治療開始時の妻の年齢が、40歳未満の方は通算6回まで、40歳以上43歳未満の方は通算3回まで助成
その他 平成27年度までに通算5年間助成を受けている場合は、助成回数が6回未満でも助成しない。

※男性不妊治療は、特定不妊治療のため精子を精巣又は精巣上体から採取するための手術をいいます。
○入院費、凍結された精子等の保存料は助成の対象とはなりません。
○1回の治療とは採卵準備のための投薬開始から、体外受精・顕微授精1回に至る治療の過程をいいます。また、以前に行った体外受精・顕微授精により作られた受精胚による凍結胚移植も1回とみなします。ただし、投薬を開始したが採卵に至らなかった場合は、助成対象になりません。

治療区分と治療内容
  1. A.新鮮胚移植を実施
  2. B.凍結胚移植を実施
  3. C.以前に凍結した胚を解凍して胚移植を実施
  4. D.体調不良等により移植のめどが立たず治療終了
  5. E.受精できず、または胚の分割停止、変性、多精子授精などの異常授精等により中止
  6. F採卵したが、卵が得られない、または状態のよい卵が得られないため中止

詳しくは高松市保健センター、香川県内各保健所にお問い合わせください。

http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/15043.html
http://www.pref.kagawa.jp/kenkosomu/common/specificsterility.html
丸亀市、坂出市、観音寺市、三豊市には市独自の特定不妊治療費助成事業がありますので各市にお問い合わせください。